作品

プロジェクト 火の鳥の挑戦
日本 (2020-)

"Velo para una reencarnación"『生まれ変わる為のベール』刺繍/着物の生地 | "Ceci n´est pas une robe"『これはドレスではない』刺繍/ドレス (coming soon)

プロジェクト 灰
日本 (2011-2019)

"Ashes thou Art, and unto ashes shalt thou return"『塵なれば塵に帰るべきなり』インスタレーション/灰


"Intangible"『無形』インスタレーション

2011年、東日本大震災の後、カロリーナはとてつもない地震と津波災害の脅威に思いを馳せて、東京に戻って桜の灰で無限を描くことを決意しました。

プロジェクト 自然/人工
イタリア (2010)


自然と人工の境目を定義する線がつけられるでしょうか?
イタリアのサルデーニャ島で、カロリーナは彫刻技術を駆使してユニークな作品をつくりました。
彼女はマトリックスを突き詰めていった先に見出だしたのが連続体でした。

"Naturale/Artificiale A"『自然/人工A』版画/シチリア紙

プロジェクト 木目
モロッコ (2010)

"Las niñas" 『女の子』 写真

カロリーナはモロッコでの6か月間の滞在中に、白いオーガンジーに緑色の絹糸でベールを刺繍しました。
蜂の巣は迷路に形を変えています。
ベールに包まれた花嫁は一体何を考えているのでしょうか?

"Hijab" 『ヒジャーブ』 ベール/刺繍

プロジェクト 蜜蜂の生活
スペイン (2009)


「ミツバチの生活」は、ミツバチの巣をモチーフにして形而上学と人間の存在との相関関係を表現したアートワーク・シリーズです。
カロリーナは、日本の和紙や花粉などいろいろな材料を組み合わせてそれらの作品を制作しました。


"La vida de las abejas" 『蜜蜂の生活』トランスファー/花粉

"La vida de Camille" 『カミーユの生活』トランスファー/描画

プロジェクト 仮面舞踏会
日本・スペイン (2006-2009)

「仮面舞踏会」とは、普遍的なシンボル全体の率直な探求であり、精緻化の過程で、カロリーナは日本の現代舞台芸術や小説を読むことに没頭していました。

"Casi espiral" 『ほとんどスパイラル』トランスファー/描画/和紙

"Dondoro" 『どんどろ』描画

Copyright © 2021 Carolina Ceca

All rights reserved. The copyright for any material published on this website is reserved.
Any duplication or use of objects such as images and texts is not permitted without Carolina Ceca’s written agreement.